スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sancs
 
[スポンサー広告
かんって何のかん?:熊本名物 中村屋『かるかん』
毎度、夫くんの出張お土産シリーズ〜

今回は九州へ出張でした。
お土産は熊本名菓・中村屋の『かるかん』



かるかんは、すごく簡単に言ってしまえば蒸し饅頭ですね。
自然山芋に米の粉を加えてねりあげ、独特の食感に蒸し上げたもの・・・というのが説明でよくあがっていました。

ところで「かるかん」の「かん」ってなんだか知っていますか?
可愛い名称だけど昔からの名前だろうし、どんな由来なのか調べて見たのですが
諸説あるようですが、「軽い羹(かん)」というのが由来のひとつにありました。
「羹」というのは羊羹の羹ですね。
今回買ってきてもらったものは中に餡が入っているお饅頭スタイルですが
もともとは、羊羹のように四角い形で中身の餡がはいらない、蒸しカステラのようなものを「かるかん」というみたいです。
もちろん今でも売っているみたいです。
生八つ橋の皮だけと、あんこを入れたスタイルとだと
あんこの入っているほうが今の世間には普及してる…のと同じような感じでしょうかね。



これ↑はかるかんの断面。

「山芋と米の粉とを練り、餡子をいれて蒸し上げる」というと、何か思い出しませんか?
そう、上用饅頭!
でも食べた印象は、上用饅頭とかるかんでは確かに味が違くて別物のお菓子なんです。
餡子が上用饅頭の方が多い印象かな・・・
あと、一番の違いはなんといっても皮ですね。

上用饅頭はきめ細やかで表面に張りがあり、ふわっとした皮。
かるかんは、空気を含んでいて弾力のあるむっちりした皮。
かるかんの方が郷土菓子らしい親しみやすい感じ、上用饅頭はその用途の通り上品はイメージがあります。

シロウト調べでは、その違いは使っている芋と粉の違いから産まれているようでした。
かるかんは、自然山芋(自然薯?)を使用し
上用饅頭では、場所にもよりますがつくね芋(長芋)を使用している。
それから、上用粉もかるかん粉もうるち米から作られているのですが
かるかん粉は粳米を水洗いし、半乾きさせたものを粗く粉砕したもの
上用粉は粳米を水洗し、乾燥してから製粉したもので、上新粉よりもさらに細かいもの だそうです。

和菓子の世界って奥が深いな〜
と、そんな考えに至りましたが、かるかんは素朴な甘さで美味しかったです。
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[・九州地方
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sancs.blog129.fc2.com/tb.php/274-43dc1527
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。