FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sancs
 
[スポンサー広告
映画の中のワンシーン:鳥取市戎町『食堂カルン』
ちょっと前のことですが、鳥取市戎町にある『食堂カルン』に行ってきました。

食堂カルン 2

食堂カルンは今年の6月にオープンした、まだ新しいお店だそうです。
鳥取駅から県庁にのびる若桜通りの途中にあって
昔からあるみたいに街にとけこんでるけれど、キラリと光る雰囲気で目をひきます。

外から中が丸見えで、逆にちょっと怖じ気づいてなかなか中に入れなかったのですが
妹が遊びに来た時に一緒に行ってきました。

店内はちょっと懐かしいテーブルや扇風機などが置かれていて
座ってしまうと予想以上にくつろげます。
外を通りすぎる人や車の動きをボーっと見るのも楽しい。
お店のお姉さんのエプロンとか、店内にかかっている布がカラフルでカワイイ。

食堂カルン -1

お店の入口にある大きな黒板にメニューが書かれています。
私はカルンカレージンジャーエールを注文。
これまた家のカレーのような懐かしいカレーが(笑)
サラダもついてきましたよ。
ドリンクのグラスがレトロでかわいいです。

食堂カルン -2

妹はひき肉と目玉焼きがのったアジア風のご飯と、マンゴージュースを頼みました。
ちょうどアジアな味が食べたかったらしく、いいタイミングだったみたい。
こちらにはお味噌汁のようなスープがついてきました。
カレーといいこのご飯といい、私の好きな高山なおみさんの料理を彷彿させます。

食堂カルン -3

二人でのんびり食べていたら、梨をサービスして出してくれました。
ちょうど買ってきたところだったみたい。
こんなところもアットホームでステキです


つくった感じではない自然体のレトロ感があって、とてもくつろげるお店でした。
アジア風でもあり、昔の懐かしい雰囲気もあり。
でもお洒落なテイストもあって、不思議なところです。

「日本のどこか地方の街にある、ちょっとアジアでお洒落なマイペースな食堂」
そんな設定で映画に出てきそう。
私も妹も、別口で行った相方もなぜか「かもめ食堂」を思い出しちゃいました。
雰囲気は違うのになんでだろう??
あ、「めがね」とも共通するものがあるかもしれませんけど。
共通するのは、空気感かなー、と思います。
本当にこれは個人の感覚ですが、独自のゆるりとした空気感が店内に流れていて
それが“映画に入り込んだような感覚”になったのかな。

肩肘はらずに自然体になりたいお店です。
また行きたいな。

食堂カルン 3



4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[鳥取]  thema:こんな店に行ってきました - genre:グルメ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sancs.blog129.fc2.com/tb.php/189-b54eee36
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。