スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sancs
 
[スポンサー広告
大分別府土産のおすすめ:ざびえる本舗「ざびえる」はバターと白餡の和洋折衷菓子
しばらく更新があいてしまいました。
書いていないお土産ネタがたまってきてます(笑)

そんなわけで、夫くんのお土産シリーズ九州編第2弾。

大分県別府のお土産 ざびえる本舗の『ざびえる』です。

大分お土産ざびえる

ザビエルと言えば、小学校の社会でも習いましたよね〜。
1551年、日本が室町時代だったころ。今は大分である豊後の国にキリスト教の宣教師、フランシスコ・ザビエルが赴き、キリシタン大名として知られる大友宗麟に迎えられて、宣教を行いました。
みなさん、思い出しましたか??

そのことにちなんで作られたお菓子がこの「ざびえる」だそうです。

「ざびえる」の皮はバターが効いた洋風の味。一方中身は白あんで和風の味。
この和洋折衷の組み合わせが、西洋から訪れたザビエルと日本の大分・豊後の国の出会いを表現しているのでしょうね。

とは言っても、このお菓子が室町時代に出来ていたわけではないのですが。
そりゃあ、バターも砂糖も使えるような時代じゃなかったでしょうし無理ですよね(笑)。
60年以上前に誕生して大分県民をはじめ観光客に愛されるお菓子だったそうなのですが、
もともと製造していた会社が自己破産して一時は製造がなくなったそうです。
地元の人たちの声もうけ、元々の会社の従業員が「ざびえる本舗」という会社を立ち上げ、また製造が復活したんですって。

けっこう、皆が好きで地道にやっているお店のほうがつぶれちゃったりしますよね・・・
「ざびえる」は復活してよかったですね〜。

さて、こちらがざびえるの断面。

大分お土産ざびえる断面

けっこう皮がしっかりしている印象でした。暖かい時期だとバターが柔らかくなるからまた違ったかな?
やらなかったけど、軽くトースターであぶったりするともっと美味しそう!

白あんは、てぼう豆(手亡豆)という白インゲン豆の一種で作られているそうです。
「ざびえる」の中でも味が2種類あり、包みの色が銀色と金色にわかれています。
銀は普通の白あん、金はラム酒漬けのレーズンが入った大人の味。
今回は子どもも食べられるように銀の普通の白あんのほうでしたが、今度は金の方をたべてみたいなぁ。

比較をすると、福島名菓の「ままどおる」よりは全体的にしっかりした硬さかな。
 
 ■「ままどおる」の記事はこちら → 福島みやげ:三万石『ままどおる』

そうそう、この「ざびえる」の姉妹品に「瑠異沙(るいさ)」というものがあって、そちらも美味しいそうです。
「瑠異沙(るいさ)」は白あんに、バイオレットリキュールで香り付けした、スミレ色の餡をかすてら生地でくるみアルミホイルで包んで焼きあげたお菓子です
切支丹の少女「ルイサ」をイメージしたお菓子だそうで、スミレ色の餡が少女の雰囲気をだしてそうですね。


で、このアルミホイルで包んで焼く、というところが上記の「ままどおる」の記事でも書いているシャトレーゼの「理恵夢」を思い出します。
ままどーるも昔はアルミホイルで包んでいた気がするんだけどなぁ・・・??


こういうバターと餡をつかった和洋折衷のお菓子は全国でいろんな形であるので、一度まとめて食べ比べしたら楽しそうですね。
やってみたいな〜

スポンサーサイト
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[・九州地方
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。