スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sancs
 
[スポンサー広告
クリスマスのメニューに☆:ポテサラツリー
もうすぐクリスマスですね。
我が家ではもうすぐ2才になるムスコも「ジングルベル」の歌をそれっぽく歌ってます♪
「リンリンリーン」が「じんじんじー!」になってますけど・・・

さてさて、小さな子どもがいる中でもクリスマスメニューってちょっと悩みますよね。
子どもの世話で慌ただしいし、あまり凝ったものを作っても食べてくれないし。
この週末に我が家では一足早くクリスマスをやったので、そのメニューをご紹介します。

全体的なメニューは、もう手抜きで3品のみです(笑)
●パエリア
●唐揚げ
●ポテトサラダ

一番クリスマスらしかったメニューは、もう3年目になるこのメニュー
ポテトサラダのクリスマスツリー

クリスマスポテトサラダツリー

上のムスメがポテトサラダが好きなので、ムスメ用に定番メニューとなりつつあります。

大量のポテトサラダをツリー状に盛り付け、
ブロッコリー、ミニトマトなどで飾り付けするだけ。
事前にポテサラだけつくっておいて、飾り付けを子どもとするといっそう気分も盛り上がります♪
今年はもうすぐ4才になるムスメも一緒に飾り付けをして、すごく嬉しそうでした。

クリスマスパーティメニューパエリア唐揚げポテサラツリー

次に、子ども大好きで間違いなし!の唐揚げ。
骨付きのチキンよりも食べやすいので子どもが自分で食べてくれてラクチンですし
やっぱり小さい子どもは唐揚げの方が喜ぶ気がします。
(ちなみに世間一般のダンナさん方も、チキンより唐揚げの方が喜びそう)

あとはパエリアをどーん!!と作って、パーティっぽさを出しちゃいます!
市販のパエリアのもとを使っているので、これもすっごい手抜き。
ホットプレートに生米とパエリアのもとのスープをいれ煮立たせ、
パプリカやシーフードなどの具材を乗っけて10分。
その後10分ほど蒸らせば出来上がりです。
具材を入れてしまえば放置なので、その間に唐揚げを仕上げてしまえばいいのでドタバタしませんよ〜

これでデザートにケーキでも出せばクリスマスらしいですよね。
今回はケーキをお姑さんにお願いしたので私は楽しちゃいました。
先に作っておいても、ケーキだけは買ってきてもいいんじゃないでしょうか♪






style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-3825670138031501"
data-ad-slot="6912461918">

スポンサーサイト
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[我が家のゴハン
カオナシのハロウィン弁当
娘の幼稚園は毎週木曜日がお弁当です。

はじめの頃は、梅干しを鼻にしたアンパンマンのおにぎりとか
キャラ弁といってもすごーく簡単なのを作っていました。

でも、エルモのキャラ弁を作ったあとくらいから
娘の要求が高くなってきたような・・・

前々回:オラフのオニギリ弁当
前回:トトロのどんぐり弁当

「もう来週はぜったい簡単なのにする!!」と言ってたのに
カオナシのおにぎりの画像を見ているところを目撃され、「これこれ!これにして!!」と。

でもそこからは私が悪いのです、ハイ。
ついつい調子に乗って、空飛ぶ湯ばーばとか、温泉に入りに来たひよことか、すすわたり?とか、カラスみたいな鳥とか
あれこれ作ってしまったよ。

それがこれです!



魔法使いの帽子をかぶって、星のステッキを持ったカオナシ〜
娘にとっては千と千尋は「お父さんとお母さんが豚になっちゃったやつ」なので、ちゃんと豚もいれました(笑)

もう二度とやるものか!と思うのですけど
「お母さんすごーい!!なんでこんなのつくれるの??」
という、3歳児の優しい無邪気な言葉が嬉しくて、ついつい次も・・・とやってしまうんですよね〜
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[我が家のゴハン
試作中:とっとり祭りのメニューいろいろ
やっと四国ネタが終わって鳥取ネタに戻れます(笑)
どっか旅行に行くたび、半月ぐらい記事書くクセをどーにかしないとと最近反省しております

一応この半月の間も着々と鳥取での生活は送ってまして、
その証拠がこの写真。

とっとり祭りのメニューのゲゲゲの妖怪クッキー。

鬼太郎クッキー

さて、「とっとり祭り」という言葉を見て
「え?どこで開催するの??」と思われた鳥取県民のみなさま。
ゴメンナサイ、オフィシャルな祭りではありません(笑)

この年末に関東に帰省した際に
向うの友達を家に呼んで、鳥取のオイシイものを紹介するパーティーをしようと企画してます。
それが、名づけて「とっとり祭り」。
うちら夫婦が勝手に開催します

そんなわけで、只今 帰省前の忙しさにまぎれながら
とっとり祭りのメニューを考えてます。

この妖怪クッキーもそのひとつ。
お菓子は打吹公園だんごとか出したいのですが、日持ちがしないのでムズカシイ。
で、鬼太郎ネタを探していたのですがイマイチ決め手がなく、
それだったらいっそ作ってしまえ、と試しに作ってみました。
いびつなところもありますが、まぁササッと作ったわりには鬼太郎っぽい気がします(笑)
これに塗りカベや一反モメンも追加しようかと。

それからこんなものも。

因幡の白うさぎまん 2

因幡の白ウサギイメージの白うさぎまんです。
これは完全に試作の出来で、ちょっとゆがんでますけど

白うさぎモチーフの肉まんを作ると相方に話したら、
何肉で作るのか話題になりました。
豚まんが豚肉なら、うさまんはうさぎ肉??
いや、白ウサギまんで兎肉はさすがにホラーだわ・・・
ということで、中は普通に豚肉です(笑)

他にもメニューがあるのでこれはコンパクトサイズでつくろうかと思ってます。

これらは「ネタもの」ですが、
一応 ホルそばやらハタハタやら蟹やら、鳥取食材も用意する予定。
何しろ鳥取でやるわけではないので食材手配がやっかいでした。
なんで「とっとり祭りやる!」と言ったのかと少々後悔しましたが、まぁこれもまた楽しいです。

いつもは人が集まるときにメニューの試作などはやらないのですが、
今回はなんだかんだで15人くらい集まるので
全体的な料理のボリュームもけっこうあります。
なので事前に試作をしてみました。
これ以外にも梨ゼリーとかつくってみたんですけど、やっぱりそれなら生梨の方がいいかなー、とか。
迷いますね。

鍋だったら楽だったんですけど、凝り性な私たちはそんなこともできず。
帰省してからも仕込みしたりして大変そう。
でも、皆に楽しんでもらって、鳥取の良さを伝えられるといいな。

ガンバリマス!


4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[我が家のゴハン]  thema:鳥取 - genre:地域情報
つくる楽しみ:自家製天然酵母パン
最近、天然酵母のパンを焼いています。

天然酵母パン 2

今までなんだかんだ言って時間がなくてつくれなかったのですが、
少し余裕ができたので酵母から起こしてパンを焼いています。

使っているのはこちらのレシピ本。

『夜仕込んで朝焼きたてを食べる おいしい天然酵母パン』
夜仕込んで朝焼きたてを食べる おいしい天然酵母パン夜仕込んで朝焼きたてを食べる おいしい天然酵母パン
熊崎 朋子

毎日コミュニケーションズ 2009-04-10
売り上げランキング : 111721
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本、冷蔵発酵させるので時間の調整がとてもしやすいのです。
パンを焼くとなるとかなり時間を拘束されるイメージがあって
忙しいとどんどん重荷になりますが、
冷蔵庫に入れておけば結構待ってくれるので何か急に用事が入っても変更しやすくて気軽です。

もっと本格的なパンを焼くのは、これでならしてからでいいかなー、と思ってます。
まずは気軽にパン焼きを始めたいという人にオススメな本ですよ。


さて、具体的には「酵母からおこして」といっても、レーズンからつくるほど手間はかけておらず
ホシノ天然酵母という顆粒になっている酵母を水に溶かし、2日ほどかけてつくるというもの。
でも初めての経験だったので、かなりドキドキしながら酵母をつくりました。

その酵母起こしの経過がこちら。
ホシノ天然酵母 酵母おこし-1

1は、酵母の粉を水で溶かして混ぜた状態のもの。
まだまだ硬く、跡が残っているのもわかりますよね?
この状態で、25~27度の室温で20~24時間置きます。
2くらいになると、少し発酵が進んできて泡がぷくっと出てきていますね。
3は10時間以上経過したもの。
だいぶ泡がたっているので、これで完成??と不安になって、オロオロしていました(笑)
そして4が、24時間ほど経過したもの。
細かい気泡がたって、全体は水のようにしゃばしゃばしています。
これで完成!
ここからさらに、冷蔵庫にいれて1日寝かせます。

次に、もと種つくり。
できた酵母を水に溶かし、強力粉と混ぜて3時間ほどおきます。

左が、混ぜたばかりのもの。
そして右が3時間置いたもの。
すっかり柔らかくなって泡がたっているのもわかります。
ちょっとこれは発酵させすぎちゃったかなー
天然酵母パン 元種ー1

で、このもと種にバターと強力粉、砂糖、塩を加えてこねます。
こねあがったものが左側。

天然酵母パン 発酵-1

この状態で冷蔵庫に6~24時間おいて、
ゆっくりゆっくり1次発酵させるのです。
右側は1次発酵が終わったもの。
少し大きくなっていますし、全体的にふっくら、滑らかな印象。

これでやっと成形に入ります。
カットして、丸めて・・・
ふきんをかぶせて、40~50分おいて2次発酵します。

天然酵母パン 発酵-2

上の写真の真ん中は、2次発酵が終わった状態のもの。
一番左のものとくらべると、少しだけ横にひろがった感じです。
これに粉をかけ、クープを入れて、水をかけて・・・
やっとオーブンへ!

15分の焼き時間の間にふくふくと膨れていきます。
天然酵母パン 焼き1

で、焼きあがり!

ふわふわにできました。

天然酵母パン 焼き4

日数がたつと酵母が元気がなくなるようで、
初回のようなふくらみがなくなりましたが、
少し酵母の量を増やしたりして勝手にアレンジして調整しています。

少し酵母と水分が多くしたら、混ぜにくいけどもっちりした食感に出来あがりました。
相方くんはこの仕上がりがお気に召したようなので、最近はこの分量で調整しています。



私の母はいつも家でパンを焼いてくれていて、子供のころは市販のパンを食べた記憶があまりありません。
子供のころはそれが普通で、逆にヤマザキのダブルソフトを食べたいとか文句を言っていましたが
やっぱりとても幸せなことだったな、と思います。
鳥取に来てパンを焼いていると言ったら、母が「やっぱりあなたは私の子ね~」と言ってました。
嬉しかったのかな。

相方は文句も言わずに食べてくれているので、
マイペースに焼いていきたいと思います♪


4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[我が家のゴハン]  thema:自家製天然酵母パン - genre:グルメ
差し入れ晩ゴハン:ひよこ豆のカレー&バナナのグラタン
今日の嬉しかった出来事。。

バナナグラタン2


妹が仕事がお休みの日に時々行われる「差し入れ晩ゴハン」です。
これ、あまり予定を決めずに開催されてます。
けっこうその日にお誘いがあって 相方とウキウキとその話に便乗するパターンです(笑)

今日もお昼に妹から
「辛そうで辛くない でも少し辛いカレーができたけどいるー?」とメールがありました。
どっかで聞いたネーミング

仕事帰りに、うちから徒歩2分の妹の家によって
相方と妹と3人で鍋やら何やらを我が家に運んで、ゴハン会開催です。

本日のメイン、ひよこ豆とひき肉のカレー
カレー3兄弟 2

なんだか何かのキャラクターの顔のような盛り付けになりました(笑)
玉ねぎの甘さでたしかにマイルドになって、あまり辛くない♪
ひよこ豆がゴロゴロしてて美味でございました。


そして、うれしいデザート!
トップの写真の、バナナのグラタンです。

妹は、先日紹介したドラゴンフライカフェに今日行ってきたらしく
そこで食べたバナナのグラタンに感動したとのことで
さっそく自分で作ってくれたんだって。

本人としては、もっとカスタードをとろとろにしたかったと悔やんでいましたが
かえってさっぱりして食べやすく、とってもおいしかった


妹と相方と3人で、仲良くまた晩ゴハンしたいナ


4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by sancs
comment:2   trackback:0
[我が家のゴハン]  thema:ばんごはん - genre:グルメ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。