スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sancs
 
[スポンサー広告
広島みやげ:御菓子処 亀屋『川通り餅』
広島のお土産というと、すぐ思い浮かべるのは「もみじ饅頭」。
私の父は高校教師だったので、修学旅行の引率で広島に行くたびにもみじ饅頭を買ってきてくれていました。

自分が広島に行った時も、他の人からのお土産もいつももみじ饅頭でした。
もみじ饅頭の中であれこれバリエーションをひろげるといった感じ。
そんな中、相方が新しいお土産を買ってきてくれました。

御菓子処 亀屋『川通り餅』です。

川通り餅 1

こちらの川通り餅、実は広島では知名度が高いお菓子でありお土産なんですね。
そもそももみじ饅頭は宮島のお菓子で、
一方、川通り餅は純粋に広島のお菓子のようです。

名前からして川にちなんだものだと想像。
渡し船で川を渡るときに出したお菓子とか、お店が川沿いにあったとか、そんなことを相方と話していたのですが
よくよくお店のHPで由来を調べてみたら全然違ってました(笑)

広島をおさめていた毛利輝元の祖父・師親の時代の話で
岩見の国の佐波善四郎との戦いで江の川を渡ろうとしたとき、
水面に小石が浮かんで鐙に引っかかったものの、師親はそれにかまわず戦い勝利をおさめたそうです。
師親はそれを神の助けと、小石を持ち帰って奉納。
そして師親がおさめる安芸国ではこれを祝って餅を小石に見立てて食べる風習が生まれたそうです。
それが輝元と一緒に広島に伝わったんですって。
ちなみに佐波善四郎との戦いは1350年。
いやー、渡し船で出したような甘っちょろいお菓子ではありませんでした

では、その小石に見立てているという餅はどんなものかというと・・・

川通り餅 2

・・・小石??
確かにサイズはけっこう小さめです(笑)
ひとつずつお餅につまようじがさしてある状態で小さな紙袋に入っていました。
それが7個入り。

食べてみると、柔らかい求肥にコリっとした食感。
クルミでした。
まわりは黄粉がついていますが、甘すぎなくておいしい。
黒蜜のかかっていない信玄餅、柔らかくて甘すぎないくるみゆべし・・に近いかな。
黄粉も適量なので信玄餅のように机に広がりません

今まで知らなかったけど、コンパクトだしお土産に向いてますね。
紙のパッケージもなかなか洒落たつくりでした。
今度から広島行った時には川通り餅を買ってみたいと思います。


■御菓子処 亀屋 のHPはこちら


4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[・広島]  thema:美味しかった♪ - genre:グルメ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。