スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sancs
 
[スポンサー広告
リベンジはこちらにて:鳥取市末広温泉町『甘味屋』
先日、イチゴ大福を食べたらイチゴが小さくて・・・という話を書きましたが(→☆
ちゃんとリベンジしましたよ。

コメントでも頂いた、鳥取市末広温泉町『甘味屋』へ行ってきました。
若桜通りにあるこのお店、いつも気になっていたのですが初めてはいりました。
イチゴ大福の記事を読んで相方がなんだか気にしたらしく
買いにいこうよと度々いってくれたので(笑)

お店に入ると気になるものがたくさん。
迷ってしまって、結局 イチゴ大福の他にいくつか買ってしまいました。

甘味屋_1

ちょっとピンぼけ写真でスミマセヌ・・・
手前のピンクがいちご大福
そこから時計回りにうぐいす餅うさぎのお饅頭(名前忘れちゃいました)、豆大福

どれもすごく小ぶりです。
食べようと思えば一口で入りそうな??

さっそく食べてみると、うぐいす餅も豆大福も柔らかくて美味しい
豆大福の豆はすごくやわらかくて、中のあんこと間違えちゃいそうな感じでした。

見つめられて思わず買ってしまったうさぎのお饅頭。
これ、年末にやったとっとり祭りで私がつくったうさまんに似てるー。
もちろん私の方がいびつなんですけど・・・
写真で見比べてみると、サイズも近かったです(笑)
(左が甘味屋まんじゅう、右が私がつくったうさまん)

甘味屋-1

さて、リベンジのため買ったいちご大福ですが
食べるとイチゴの果汁がじゅわっとして、酸味があって美味しかったです。
たぶんイチゴ自体の大きさは前に食べたのとそれほど変わらない気がしますが
餡や皮とのバランスがいいのでしょうね。

甘味屋_2

そうそう、こちらのいちご大福って白餡なんですね!!
関東では普通の黒いあんこだったので、先日スーパーで食べたイチゴ大福が白あんでびっくりしたんです。
なんでも、関西とか西の方は白あんだとか?
私の母は関西出身なのに、なぜ関東風だったんだろう・・・??
白あんの方が見た目もきれいかもしれませんね。どちらも好きですけど。

というわけで、見事リベンジは果たせました。
甘味屋さんには季節限定で「バナナ大福」もありました。これも気になる―。
そういえば、今回ブログにのせるにあたって、本店は八頭にあって末広温泉町は支店と知りました。
それに、「かんみや」じゃなくて「あまみや」さんなんですね!
いやー、他の人との会話で声に出していってなくてよかったー(笑)

■甘味屋 のHPはこちら



4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[鳥取]  thema:スイーツ - genre:グルメ
チョコレートな日:鳥取県東伯郡琴浦町『Linz』
いただきものの、鳥取県東伯郡琴浦町『Linz』高級焼チョコレート

Linz 1

開けたところの写真をとってないのでスミマセンなんですが、
中はカヌレ型でかわいいのです。

小さめのカヌレを想像してもらうといいと思うのですが、この焼チョコも小さめ。
でも、まさにチョコレートの塊を焼いているような感じなので
ひとつ食べるだけでもかなり食べ応えがあります。
焼いているためなのかわかりませんが
上部はしっとりめ、下部は硬めと2層になってました。

写真は2種類ですが、お店で売っている味は3種類。
大山バターをたっぷりつかった「プレーン」
地中海産のオレンジがはいった「オレンジ」
米子のカフェ『ジャルディーノ』のエスプレッソをベースにした「エスプレッソ」の3つ。
味の雰囲気が全然ちがうので、食べ比べるのも楽しかったですよ。


実はこれをもらったのはけっこう前のことなのですが
ちょっとうっかり紹介を忘れてまして・・・
でも、今日はバレンタインデー!ということで
たぶんこのリンツのチョコをあげた人もいたんじゃないかなぁ、と思ってのせてみました。
リンツでは、島根県松江市の老舗・中村茶舗の銘茶を使用した「Koicha(こいちゃ)」という商品も
期間限定で出しているそうですね。
抹茶ではなくお茶なんだー、渋みがあってこれもおいしそう。

リンツでは以前ケーキも買いました。
季節が違うことがバレバレですが、イチジクのショートケーキとプリンです。
イチジクをショートケーキで食べるのは初めてでした。
写真は色が暗いけど、色どりがきれいでしたよ。
プリンは卵が濃くておいしかった

Linz-2.jpg


3月14日まで(ホワイトデー対策?)は、琴浦周辺のお菓子やさんで「琴浦スイートる de フェア」をやっているみたいだし
そろそろ西の方にお出かけしたいなー、なんて思ってます。


■Linz のHPはこちら



4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[鳥取]  thema:スイーツ - genre:グルメ
揚げないドーナツ:鳥取県日野郡江府町 アペゼ『焼きドーナツ』
相方がもらって家に持って帰ってきてくれたもの。

鳥取県日野郡江府町 アペゼ『焼きドーナツ』です。

アペゼ焼ドーナツ_1

焼きドーナツって、気が付いたら流行ってましたよね。
あと、生ドーナツとか。
私にとって焼きドーナツと言えば「miel」を一番に思い出します。
大阪発祥のドーナツ屋で、銀座にも出店、いまは全国あちこちにお店が出来てますね。
私は確か旅行にいったときに羽田で買った気がします。
きなこ味が美味でした

で、このアペゼの焼きドーナツ。
アペゼは奥大山ブルーベリーファームの一角にあるカフェテリアなんですね。
あまり奥大山まで行かないから知らなかったです。
現在はさすがに冬なので閉まっているそうですが、国道181号線沿いのお店で買えるとのこと。

味はブルーベリー、ココア、抹茶、ごま、くるみ、きなこ、パイン、ゆず、プレーン
このうちきなこ、パイン、ゆずは期間限定だそうです。
今回もらったのはその限定商品のゆずでした

さて、さっそく頂きました。

アペゼ焼ドーナツ_2

うん、ふわっとしてます。
それから、すりおろしたようなゆずが入っていてつぶつぶした食感がありました。
割った瞬間にも、ゆずの香りがほわっと漂います。
油っぽくなくておいしいですね。

でも、焼きドーナツって なんとなくドーナツ型したパウンドケーキって感じもしますね。
生地の違いってどれくらいあるんだろ??


ドーナツと言えば、私は学生時代にドーナツ屋でバイトしてました。
シフトが自由だったのが選んだ理由でしたが、
ドーナツが食べられることもやっぱり魅力でした(笑)
実際はまかないがドーナツで、しばらくしたらドーナツなんて食べたくなくなってくるし
バイト後には自分の体がドーナツ油くさいし・・・で理想とは違いましたけど
バイトを辞めたあとも1年間くらいドーナツが食べれなかったので、
今 ドーナツが美味しいと思えるようになって、だいぶ時間が経ったんだなぁと実感してます(笑)


■apaiser のHPはこちら


4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[鳥取]  thema:スイーツ - genre:グルメ
やわらかな美味しさ:那岐特産品開発研究会『かきもち』
さてさて、これは何でしょう?

かきもちセット智頭那岐 4

鳥取や山陰地方にお住まいの方はすぐにわかるかな?
答えは、「かきもち」。

全国的にそうなのかわかりませんが、
少なくとも私が住んでいた関東圏では「かきもち」というとおもちを揚げた塩味やしょうゆ味のお菓子です。
こういうのって、関東だとなんて言うかなぁ。
「切り餅」とか「角餅」かしら。

このかきもちは、鳥取県八頭郡智頭町の那岐特産品開発研究会『かきもち』です。
那岐特産品開発研究会は村おこしに取り組でいて
伝統の味をこうして毎年つくっているそうです。

私はこのかきもちを写真で見かけて、そのキレイな色に一目ボレ(笑)
智頭のものだということはわかったのであれこれ検索してやっとこのかきもちにたどりつきました。
これ、地元の方がひとつひとつわらで編みあげているそうで
この形状がなんとも言えず可愛くてたまらなかったのですよ。

ほらほら↓
藁でちゃんと持ち手がついていて、ぶらさげられるのです。

かきもちセット智頭那岐 3

注文して数日後、届いたかきもちを開いてみると
その梱包もかわいかったのでした。
藁でしばられているひとくくりずつが白い紙で包まれ、色紙のテープで水引のように結んであります。
センスよいですよねぇ。

かきもちセット智頭那岐 -1

かきもちは上に藁で輪の持ち手があって、それを中心に2列ぶらさがっているような形状。
ひとくくりにかきもち2枚が重なっています。

1枚のかき餅は思っていたより薄め。
ちょっと取り扱いにドキドキします(笑)


さて、このやさしい色どりはもちろん着色料なんてつかっていない自然の色。
だからでしょうね、とてもやわらかい色合いです。
白いかきもちに点々と見えているのは黒豆です。
ピンク色っぽいのはニンジン、黄色はユズ、
グレーにも見える大理石のようなものは梅しそ、よもぎかと思える緑は青のりです。
材料のもち米も野菜も地元のものにこだわって、無添加でつくっているとのこと。

食べ方には普通に焼く方式と、乾燥させて揚げて食べる私のイメージの「かきもち」方式がありました。
残念ながら我が家には火のストーブもトースターもないのでフライパンで・・・
網の焼き色はつけられませんが、それでも十分美味しそう!
写真ではしぼんでしまってますが、フライパンの上でぷくーっと膨れていました。

かきもちセット智頭那岐 6

さてさて、いそいそと焼き立てを食べてみると・・・
おいしーーーーい!!
もちろん柔らかくて美味しいというのもあるのですけど、おもちの味がすごく美味しいのです

ニンジンはほんわりとした甘さ、ゆずは口の中にふわりと広がる香り。
梅しそはかすかなしょっぱさが感じられ、青のりは磯の香ばしい味。
黒豆はおもちの味をそのまま味わって、黒豆がよいアクセントになってます。

なによりおもちの味がふくよかで、旨みがしっかり伝わってくるんです。
添加物や香辛料を加えたガツンとくる旨みじゃなくて、
噛みしめるほどに感じられる深い味わいと言う感じ。

こういうものを食べられて、オイシイと感じられる舌は幸せだなぁと我ながら思っちゃいました(笑)
これ、きっと飽きない美味しさだと思いますよ。

ちなみに、かきもちは乾燥してから揚げるというやり方が説明書きにのっていましたが
テヌキして 届いたままの状態でレンジで軽く温めて柔らかくし、
それをフライパンでうすく油をひいて焼いてみると、かき餅になりました。
そうは言っても完全なかきもちではなく、ちょっと生の餅っぽさがのこる生かきもちのような感じ。
油をたくさんとりたくないなぁと思ってこうやって焼いてみたのですが、
これがまたオイシイのですー
餅の風味が残っていたまま、揚げた香ばしさと食感が加わるのだからたまんないです。

あと、軽く水にくぐらせてからフライパンで焼くと、まわりがサクっとして美味でした。
ちょっとフライパンにくっつきやすくなってしまうのですがそれでもいいやー、って思えます(笑)

というわけで、届いて数日ですっかりかきもちLOVEでございます。
かきもちセットは80枚で3200円で、さすがにそんなに食べられないと買うのをためらったのですが
一目ぼれを信じて買って、本当によかった!!

思わずこの美味しさを伝えたくて、半分を実家に送りましたが
我が家分の40枚はきっとすぐになくなっちゃうだろうな。
これは追加でまた頼もうかなーとたくらんでます

こういう良いものは、鳥取県内だけじゃなくもっと広く知られてもいいのにな。
生産量に限りがあるから程良いくらいがいいのかもしれないですが、それでももったいない・・・
ということで、この美味しさを知人にガンガンふれこもうと思います(笑)

注文はこちらからできます↓
3/1までの受付なのでご注意を。

■フルーツギフト夢冒険【山家育ちシリーズ かきもちセット】


4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[鳥取]  thema:美味しかった♪ - genre:グルメ
おいしい豚は金の豚:鳥取市栄町『Le Cochon d’Or』
このブログの鳥取ネタを見てくださっている方がいるとしたら、
「おいおい、いつになったらあの店がでてくるんだ?」
「まだあの店にいってないなら鳥取生活エンジョイしてるとはいえないね」
なーんて思われていたのではないでしょうか。
(※あくまでも勝手な想像です

ということで満を持して登場!
鳥取市栄町のパン屋さん『Le Cochon d’Or』です。

コションドール 32

このお店のことは、鳥取に行くとなって色々調べているときに知りました。
写真でみたコションのパンがとても美味しそうで
引越してすぐに買いにいったのを覚えています。
予想以上にレベルが高くておしゃれなパンに大興奮、
そして美味しさに大満足!
たぶん鳥取にきて一番最初にお気に入りになったお店ではないでしょうか。

以前は鳥取駅からもっと離れたところにあったそうで
駅前には去年かな?移転してきたそうです。
うちらとしては家の近くに移ってくれてたのでラッキーでした(笑)

ちなみに東京から友達や家族が遊びに来るたびに
コションドールのパンでもてなしてます。
羽田からの朝イチ便でくると、けっこうみんな朝ごはんをちゃんと食べてなかったりするので。
あと、うちに泊まった翌日の朝ごはんに、とちょうどいいので。
みんなすごく気にいって、「もう一回食べたい!!」と言って帰っていきます。
そういえば妹が来た時にはたくさんコションのパンを買って東京に持ち帰っていました。
パンがつまったカバン、空港の荷物チェックでスキャンされたときどううつったんだろうなぁ(笑)


さて、お店の話。
コションドールはフランス語で「金の豚」という意味だそうで
お店の角には金の豚くんが吊り下がってます。

コションドール 33

店内にはかわいいパンが並んでます。
けっこうシンプルな並べ方ですが、パンがひきたっててよいですよね。

コションドール 31

カフェも併設していて、店内の奥が広いカフェスペースになっています。
夜遅くまでやっているのでけっこう便利。

我が家はけっこうお店に近いこともあり、もっぱらテイクアウトでの利用が多いです。
そんなにパン食ではないのですが週一では利用していて
週末にコションのパンとコーヒーでおうちモーニングを楽しむのが至福のひと時

私はあまりハード系のパンを食べないのですが
ソフト系のパンはただ柔らかいだけだったりと、なかなか気にいるパン屋さんがなかったなー。
コションのパンはそんな私のツボにはまるパンでした。
ふわふわしすぎず、もちっとしてて食べやすい。
パン生活を考えると、日常的に使える位置に美味しいパン屋さんがあるので
東京にいた時よりも豊かな生活してるなぁと思います。

あと、色々種類があるから、お店でいつも選ぶのが楽しいのです。
今まで食べたコションのパンコレクション(一部)↓
ハード系はあまり食べてないけど、季節ごとにかわるパンを楽しんでいるんでけっこう色々食べてます。

コションドール -1

私と相方は「ブリエ」がお気に入り!
もちもちしててすごく美味しいのです。

それから、イングリッシュマフィンも美味しいです。
今日の相方は、家で半熟玉子とチーズを挟んで食べてました。

コションドール 30

ちょっとー、こんな美味しそうなのつくるなら、言ってくれたら私もマフィン買ったのにー!
(でも何口か食べさせてもらったけど)
次回はマフィンを買おう・・・


■Le Cochon d’Or のHPはこちら
コションドール 34


4つのランキングに参加中です。気にいったらポチっとお願いします↓

         
人気ブログランキングへblogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by sancs
comment:4   trackback:0
[鳥取]  thema:美味しかった♪ - genre:グルメ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。