スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sancs
 
[スポンサー広告
大分別府土産のおすすめ:ざびえる本舗「ざびえる」はバターと白餡の和洋折衷菓子
しばらく更新があいてしまいました。
書いていないお土産ネタがたまってきてます(笑)

そんなわけで、夫くんのお土産シリーズ九州編第2弾。

大分県別府のお土産 ざびえる本舗の『ざびえる』です。

大分お土産ざびえる

ザビエルと言えば、小学校の社会でも習いましたよね〜。
1551年、日本が室町時代だったころ。今は大分である豊後の国にキリスト教の宣教師、フランシスコ・ザビエルが赴き、キリシタン大名として知られる大友宗麟に迎えられて、宣教を行いました。
みなさん、思い出しましたか??

そのことにちなんで作られたお菓子がこの「ざびえる」だそうです。

「ざびえる」の皮はバターが効いた洋風の味。一方中身は白あんで和風の味。
この和洋折衷の組み合わせが、西洋から訪れたザビエルと日本の大分・豊後の国の出会いを表現しているのでしょうね。

とは言っても、このお菓子が室町時代に出来ていたわけではないのですが。
そりゃあ、バターも砂糖も使えるような時代じゃなかったでしょうし無理ですよね(笑)。
60年以上前に誕生して大分県民をはじめ観光客に愛されるお菓子だったそうなのですが、
もともと製造していた会社が自己破産して一時は製造がなくなったそうです。
地元の人たちの声もうけ、元々の会社の従業員が「ざびえる本舗」という会社を立ち上げ、また製造が復活したんですって。

けっこう、皆が好きで地道にやっているお店のほうがつぶれちゃったりしますよね・・・
「ざびえる」は復活してよかったですね〜。

さて、こちらがざびえるの断面。

大分お土産ざびえる断面

けっこう皮がしっかりしている印象でした。暖かい時期だとバターが柔らかくなるからまた違ったかな?
やらなかったけど、軽くトースターであぶったりするともっと美味しそう!

白あんは、てぼう豆(手亡豆)という白インゲン豆の一種で作られているそうです。
「ざびえる」の中でも味が2種類あり、包みの色が銀色と金色にわかれています。
銀は普通の白あん、金はラム酒漬けのレーズンが入った大人の味。
今回は子どもも食べられるように銀の普通の白あんのほうでしたが、今度は金の方をたべてみたいなぁ。

比較をすると、福島名菓の「ままどおる」よりは全体的にしっかりした硬さかな。
 
 ■「ままどおる」の記事はこちら → 福島みやげ:三万石『ままどおる』

そうそう、この「ざびえる」の姉妹品に「瑠異沙(るいさ)」というものがあって、そちらも美味しいそうです。
「瑠異沙(るいさ)」は白あんに、バイオレットリキュールで香り付けした、スミレ色の餡をかすてら生地でくるみアルミホイルで包んで焼きあげたお菓子です
切支丹の少女「ルイサ」をイメージしたお菓子だそうで、スミレ色の餡が少女の雰囲気をだしてそうですね。


で、このアルミホイルで包んで焼く、というところが上記の「ままどおる」の記事でも書いているシャトレーゼの「理恵夢」を思い出します。
ままどーるも昔はアルミホイルで包んでいた気がするんだけどなぁ・・・??


こういうバターと餡をつかった和洋折衷のお菓子は全国でいろんな形であるので、一度まとめて食べ比べしたら楽しそうですね。
やってみたいな〜

スポンサーサイト
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[・九州地方
かんって何のかん?:熊本名物 中村屋『かるかん』
毎度、夫くんの出張お土産シリーズ〜

今回は九州へ出張でした。
お土産は熊本名菓・中村屋の『かるかん』



かるかんは、すごく簡単に言ってしまえば蒸し饅頭ですね。
自然山芋に米の粉を加えてねりあげ、独特の食感に蒸し上げたもの・・・というのが説明でよくあがっていました。

ところで「かるかん」の「かん」ってなんだか知っていますか?
可愛い名称だけど昔からの名前だろうし、どんな由来なのか調べて見たのですが
諸説あるようですが、「軽い羹(かん)」というのが由来のひとつにありました。
「羹」というのは羊羹の羹ですね。
今回買ってきてもらったものは中に餡が入っているお饅頭スタイルですが
もともとは、羊羹のように四角い形で中身の餡がはいらない、蒸しカステラのようなものを「かるかん」というみたいです。
もちろん今でも売っているみたいです。
生八つ橋の皮だけと、あんこを入れたスタイルとだと
あんこの入っているほうが今の世間には普及してる…のと同じような感じでしょうかね。



これ↑はかるかんの断面。

「山芋と米の粉とを練り、餡子をいれて蒸し上げる」というと、何か思い出しませんか?
そう、上用饅頭!
でも食べた印象は、上用饅頭とかるかんでは確かに味が違くて別物のお菓子なんです。
餡子が上用饅頭の方が多い印象かな・・・
あと、一番の違いはなんといっても皮ですね。

上用饅頭はきめ細やかで表面に張りがあり、ふわっとした皮。
かるかんは、空気を含んでいて弾力のあるむっちりした皮。
かるかんの方が郷土菓子らしい親しみやすい感じ、上用饅頭はその用途の通り上品はイメージがあります。

シロウト調べでは、その違いは使っている芋と粉の違いから産まれているようでした。
かるかんは、自然山芋(自然薯?)を使用し
上用饅頭では、場所にもよりますがつくね芋(長芋)を使用している。
それから、上用粉もかるかん粉もうるち米から作られているのですが
かるかん粉は粳米を水洗いし、半乾きさせたものを粗く粉砕したもの
上用粉は粳米を水洗し、乾燥してから製粉したもので、上新粉よりもさらに細かいもの だそうです。

和菓子の世界って奥が深いな〜
と、そんな考えに至りましたが、かるかんは素朴な甘さで美味しかったです。
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[・九州地方
サンタとトナカイ!:クリスピークリームのXmas限定ドーナツ
夫が(主にムスメにむけて)買ってきてくれたクリスピークリームのドーナツ!。

お願いしていたクリスマス限定ドーナツで、箱を開けた瞬間からテンションあがります♪



チョコが食べられない小さなムスコがいる都合で
ここにはサンタクロースとトナカイしかいませんが
クリスマス限定ドーナツはこれ以外にも

●スノーマンチョコ
●ピスタチオリース
●シュトーレンリング


があるんですよね。

あと
●グレーズドスプリンクル
(オリジナルグレーズをホワイトチョコでコーティングしてクリスマスカラーの赤や緑のスプレーチョコをちりばめたリースみたいなドーナツ)
もまだあるのかな。

買ってきてもらったのは
●サンタチーズケーキ
●トナカイ ダブル キャラメル




サンタのドーナツは中身がクリームチーズのクリーム。
レアチーズケーキ思い出す味でした。
これに、帽子の部分のストロベリーナパージュ(要はイチゴジャム)と白ヒゲ部分のカールホワイトチョコがマッチ!
女の子が好きそうな味だなーって思いました。

トナカイ ダブル キャラメルは、中のクリームもコーティングのチョコレートもキャラメル味です。
なめらかな口あたりの、まろやかな甘さのキャラメルクリームでした。
耳のプレッツェルと鼻のグミがアクセントになっているのですが
私はムスメに耳と鼻の部分をとられたのでちょっとわかりません(笑)

ちなみに
うちのムスメは、トナカイドーナツを指さして
「このブタさんのちょうだい!」
って言ってました。
鼻がつぶれてて、耳も言われてみたらブタの耳みたいだ〜、と我が家では納得でしたけど
かわいそうなトナカイさんだなぁ(苦笑)

普段はけっこうミスド派なんですけど
クリスマス限定ドーナツの可愛さは、クリスピーが断然上回るなー
でも夫的にはミスドの方が惹かれるらしいです。
カワイイものにテンションがあがるのは、女性特有なんでしょうねぇ。

クリスマスまでに、他の味も食べてみたいところです





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3825670138031501"
data-ad-slot="6627880713">

Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[・その他
パティスリーのようなパン屋さん:苦楽園 リョウイチヤマウチ
所用があって、西宮市の苦楽園駅へ。
西宮界隈はパン屋がレベル高く、お店もたくさんあるとのことで
どのお店に行こうか迷いましたが、ネットで調べて気になったリョウイチヤマウチへ。

苦楽園の駅から徒歩5分ほどで、パティスリーのような高級感ある雰囲気のお店が見えてきます。



口コミでは、早い時間に品切れになる商品が多いとのことでしたが
訪問日は日曜の昼前でしたが、わりと充実したラインナップでした。

しかしこれがどれもものすっごく美味しそうで
私も相方もムスメもムスコも、あれがいいこれがいいと悩む悩む(笑)

写真に撮れなかったのがザンネンなのですが、けっこう買いました。
・りんごとシナモンのデニッシュ
・アーモンドと栗のパン・オ・ルヴァン
・カレーパン
・明太子フランス
・チョコクリームパン
・フォカッチャ
・サンドウィッチ



写真は りんごとシナモンのデニッシュ。
林檎の色が赤く鮮やかでケーキのようでした。
これが美味しかった〜!!
林檎はしゃきしゃきの食感で甘酸っぱく、デニッシュ生地は丁寧に織り込まれたのを感じるふわサクの食べ応え。
フィリングのクリームも甘すぎず上品でした。
シナモンもしつこくなく、子どもたちがバクバク食べるほどでした。

チョコクリームパンはフォカッチャ生地をコロネ状にしてるのかな?
かなりもっちりした生地でした。
中のチョコレートがすごーく美味しかった!
濃すぎずまろやかな、でも子供じみた甘いチョコレートではない上品な感じ。

明太フランスは焼きたてを買ったからか、余計にパリパリねっちりしたフランスパンの美味しさが楽しめました。
カレーパンは適度に甘辛で、トッピングがアクセントになってて美味しい。
サンドウィッチはふわっとしているけれどしっとりしている食パンが絶品でした!

久しぶりに美味しいパンを食べたな〜、という感想です。
もっと他のパンも食べてみたいのですが、ザンネンながらご近所ではないので
また今度 近くに行った際のお楽しみにすることにします。

■リョウイチヤマウチ
兵庫県西宮市南越木岩町15 ルーブルコート苦楽園1F
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[・神戸]  thema:パン - genre:グルメ
艶やか濃厚ケーキ!:南堀江 パティスリー ルシェルシェ(Patisserie Rechercher)
桜川駅にほど近い、南堀江のパティスリー ルシェルシェに行ってきました。
こちらのお店は雑誌などでもよく取り上げられていて、大阪に越してからずっと気になっていたんです。

昔ながらの団地?の商店街のような一角にあって、はじめ通りすぎてしまってキョロキョロ探してしまいました。
入口付近にあったのにな〜

お店は落ち着いたブルーグレーの概観。



ショーケースにはつやつや、ピカピカのケーキが並んで
どれも本当に本当に美味しそうで選べない!!
迷いに迷ってこれらを購入。

・ブランスノワール
・モンブラン
・シュークリーム
・タルトポム




夕食後に子どもたちも一緒にいただきました。
このケーキ、とっても濃厚です。
特にチョコレートケーキのブランスノアールは、チョコレートムースがぬぬぬぬぬっと濃ゆい味。
美味しいけれど、紅茶とかの飲み物の手助けが必要な感じです。

シュークリームは上にかかってるカラメルがけっこうほろ苦くて好み。
中はねっちりしたカスタードクリームなんですが、このカラメルを活かすなら
カスタードと生クリームのダブルクリームとかの方が個人的には合いそうな気がしました。
もちろん美味しいんですけどね、これも濃厚です。

モンブランはしっかりマロンの味がするクリームで、モンブラン好きの私には大満足。
土台がメレンゲなのも個人的に好きなポイントです。
モンブラン好きのせいかもしれませんが、こちらは濃厚すぎる印象はなくペロリと食べてしまいました(笑)

本当はフルーツ系のケーキも食べてみたかったのだけど、
次回に持ち越し!!


■パティスリー ルシェルシェ(Patisserie Rechercher)
大阪府大阪市西区南堀江4-5 B101
Posted by sancs
comment:0   trackback:0
[★大阪
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。